♪ピリカラザリガニ団履歴書
★2001年 〜夜明け前〜
★2002年 〜再出発〜
★2003年 〜転換期〜
★2004年 〜本格始動〜
★2005年 〜加速期〜
★2006年 〜地方進出〜
★2007年 〜原点回帰〜
★2008年 〜現状維持〜
♪メンバー
【 ピリカラザリガニ団詳細履歴書 by 石原 】
★2006年 〜地方進出〜
 2月、正メンバーにトランペットがいない状態が続いていた中、かねてより親交のあったtrumpet 飯田玄彦が東京へ引っ越して来たのを機に準メンバーとして参加。ニューオリンズで本場のブラスバンドHot8やStoogesで吹いていた実力で、新たな空気をバンドに送り込む。

 2月、横浜サムズアップにてニューオリンズを愛するバンドで行われた『Mardi Gras in YOKOHAMA』に参加。お客様のテンションも高く、大いに盛り上がった夜となった。
 4月、羽村市の文化施設ゆとろぎの開館祝賀祭の一環として行われた『違いがわかるジャズコンサート』に出演。ジャズの歴史の幕開けの一つ、ジャズフューネラルを再現。
 5月、吉祥寺Star Pine's Cafeにて『パン☆ジャ☆メリカGO!GO!』に出演。中南米系のバンドさんを相手に、「☆メリカ」の部分を担当。

 5月、伊豆の下田で毎年行われている第67回黒船祭りに出演。お祭りに沸く下田の街をパレードし、観光客・住民の皆さんと一緒に盛り上がる。
 7月、好評だった2月に続き、横浜サムズアップにて行われた『New Orleans Hot Summer Festival!!』に参加。真夏の夜は、熱く激しく盛り上がったのであった。
 8月、昨年12月に続きApple Store Ginza、また続けてに出演。
 また、白楽商店街で行われた六角橋B級芸術祭に出演。大道芸人が集った白楽の街をパレード。
 9月、浅草にあるオールドジャズの有名店浅草HUBに出演。
 また、埼玉県ビッグバンド連盟が主催する『第3回さいたま新都心 JAZZDAY』に出演。さいたま新都心駅改札前よりパレード。
 パレードというブラスバンドならではの演奏形態で各地でアピール。ご好評を頂く。

 また、第6回東京都ヘブンアーティスト募集に応募し、見事、合格。音楽部門応募総数102組→1次審査通過33組→2次審査受験団体25組強?→2次審査合格13組の狭き門であった。

 10月、地元NPOたはら広場さんから依頼を受け、団長石原の故郷である愛知県田原市にある県立成章高校吹奏楽部にワークショップを行う。リズムの取り方を中心に高校生に対し、ブラックミュージックの核を伝える。また、たはらジャイヴ化計画vol.3に出演。
 11月、愛知県岡崎市において今年起ち上がった岡崎ジャズストリート2006に出演。大阪・名古屋のバンドとともに、オープニングセレモニーとして岡崎の街をパレード。また、岡崎城内の会場である能楽堂にて演奏。
 東京を飛び出し、愛知県にセカンドラインを展開、ニューオリンズ・ビートを響かせる。

 地方で得た経験と自信を持って、11月、新宿トラッドジャズフェスティバルに出演。新しいニューオリンズの風を吹かせる。
 12月、クリスマスイブに、お台場パレットプラザにてストリート、そしてApple Store Ginzaに出演。クリスマスを楽しむ人々に音楽のプレゼント。

2006年の活動が気になる方はコチラ→

この先が気になる方はコチラ→

是非遊びに来て下さい!待ってま〜す!